脱毛サロンの3種類の方法や痛みについて

色んな方が脱毛サロンでの脱毛を考えておられると思いますが、実は脱毛方法には大きく分けて3種類の方法があるのをご存知でしょうか。

1つ目はレーザー脱毛といって、色素であるメラニンに反応する特殊なレーザー光を肌に向かって照射し、毛根を焼いていきます。
このレーザーはかなりの出力が発生するため、施術を受けられるのはなんと医療機関のみとなっています。
まさかの医療機関が脱毛行為とは驚かれる方も多いのではないでしょうか。

2つ目は光脱毛、別名フラッシュ脱毛とも呼ばれる施術方法です。こちらもレーザー脱毛と同じように、毛の色素に反応する光を肌に照射して脱毛していきます。
ここ数年で勢力を伸ばしている脱毛方法で、数多くの脱毛サロンが月額制度などの料金プランで、この仕組みを導入しています。

3つ目は針脱毛、別名ニードル脱毛と呼ばれる施術方法です。ニードル脱毛、と呼ばれる施術方法の通り針を使用します。
針を毛穴に差し込んで、電気を流し込み、毛根を焼ききる仕組みとなっています。レーザーや光と違って、一本ずつの対応となるため、一箇所当たりの処理時間は長いです。

各脱毛施術を受ける前の下準備について

実は、脱毛サロンで脱毛施術を受けるためには、下準備をする必要がある場合があります。
逆に下準備をしてはいけない場合もあります。
前者の場合は、下準備をきちんとしていかないと、施術を受けられない場合もありますし、逆もまた然りです。

・下準備が必要な脱毛方法について

レーザー脱毛、光脱毛の場合は、施術前にした準備をしないといけない脱毛方法となります。
その下準備とはあらかじめ毛を剃刀や電気シェーバーなどで剃っておくことです。

いやいや、剃るなんて毎日やってるし、当たり前じゃない?と思ってはいけません。
この毛剃り行為は、必ず施術を受ける前に、余裕を持って実施する必要があるのです。

レーザーや光は肌の中の色素に反応します。しかし、毛と怪我の色素の違いがわかるわけではありません。
つまり、万が一焦って下準備を行い処理に失敗して怪我でもしてしまうと、レーザーや光が反応してしまう可能性があるのです。

そのため、施術のその日に「店で剃ろう」と考えていても施術拒否をされる場合があります。
サロンによっては追加料金を払えばOKなところ、追加料金不要なところなどもありますが、自分の肌のために余裕を持って準備するようにしましょう。

・下準備をしてはいけない脱毛方法について

ムダ毛なんて絶対生えてるの無理!という人には針脱毛はお勧めすることは出来ません。
針脱毛は脱毛サロンのスタッフが一本一本毛をピンセットで抜いていくのです。

そのため、剃刀で適宜ムダ毛を剃ってしまっていると、ピンセットで掴む毛がありません。
正しく毛穴の中の毛根に針を刺すことが出来なくなってしまうので正しく施術が出来なくなってしまいます。

それぞれの脱毛で痛みは感じる?

残念ながら、ほとんどの脱毛サロンでは痛みを感じるでしょう。しかし、それは我慢できる痛みです。
我慢できない痛みの場合、脱毛サロンがこんなに流行っているわけはありませんからね。
それではそれぞれの痛みについてご説明します。

・レーザー脱毛と光脱毛の場合
既にお分かりかと思いますが、この二種類の脱毛方法は扱う場所(医療機関、民間)と機械の出力が違うだけでやっている方向性は同じです。

サロンにより多少の違いはありますが、
基本的には「照射のタイミング」でレーザーや光が毛根に届くのでその瞬間に痛みが発生します。

感覚としては「ピ、ピ、ピ、バシッ」という感じです。バシッのタイミングで光ります。
この際に一定の範囲の照射が行われています。

・針脱毛の場合

針脱毛の場合は名前の通り針を使います。
毛穴の中に針を刺し、その針に電気を流して毛根を焼ききっていきます。

正直電気が熱いのか針が刺されて痛いのかは分かり辛いです。
特に痛いのは肌の薄い部分などいわゆる末端神経に該当するところです。
しかし、慣れてくると「ほんのり温かい」と感じるようになります。

一番大事なのは、自分に合った、続けられると思う脱毛サロンに通うことです。
最近はお試し施術も受けられますから、是非自分にあった脱毛サロンを見つけてください。

人気の記事:VIO脱毛でデリケートゾーンもツルツル

2016年8月30日 脱毛サロンの3種類の方法や痛みについて はコメントを受け付けていません。 未分類